協会紹介

 ご挨拶

埼玉カンピオーネは精神障がいのあるメンバーとスタッフがフットサル、スポーツを通し、楽しく笑顔での社会活動です。
 参加者は市民として自主的・自立的に1人1人ができる役割を担い、1人が皆のために皆は1人のために、WINWINのフットサルを通した協働活動です。
 活動では参加者の人生の夢に向け、民主的なパートナーシップで笑顔で議論し、交流し、仲間作り・趣味・余暇・競技性等を関係団体との協働で、環境改善も目指します。貴方も選手や役員、サポータとして是非参加ください。

SSFA|埼玉ソーシャルフットボール協会
会長 遠藤哲一郎

 活動内容

ソーシャルフットボール埼玉県リーグの開催

当協会では、1年を通して「精神障がい者フットサルを楽しめる環境を作りたい」という思いから、年間リーグ戦「ソーシャルフットボールリーグ」、通称「Sリーグ」を2010年(全国初開催)から毎年開催しています。

「埼玉カンピオーネ」のチーム運営

全国大会NO.1を目指し、Sリーグで活躍する選手で構成するチーム運営をしています。

各地区の大会運営協力

地区活動の運営協力を行なっています

各チームの運営協力

各チームの紹介や活動の発信を応援します。

 活動報告

ニュースレター

当協会では、毎年活動報告としてニュースレターを作成しています。

2021年度
2020年度ニュースレター
2020年度
2019年ニュースレター
2019年度
2019年特別版ニュースレター
2019年度特別版
2018年度ニュースレター
2018年度